ボート免許の更新・失効再交付講習

 

更新・失効再交付の流れ

 
1. 講習の受講予約 

  講習実施機関は、マリンライセンスロイヤルと日本海洋レジャー安全・振興協会(海レ協)の二つがあります。 
  講習日程表からご都合のよい日時、講習会場を選んでください。 
  定員に空きがあるかどうか確認しますので、お電話でお問い合わせください。 
  その時に、次の項目について確認してください。 
  (1) 免許の有効期限  
  (2) 住所、本籍地、名前など変更があるかどうか 


2. 受講申込

  講習予約確認の連絡をいたしますので、必要書類を取りそろえ正式に申し込みください。

  (1) 受講申込書

  更新講習申込書 ロイヤル用  
海レ協用  
  失効講習申込書 ロイヤル用  
海レ協用  
(2) 写真(縦4.5cm×横3.5cm) 2枚 6ヶ月以内撮影・正面上半身・無帽・無背景・色つきメガネでないもの。写真裏面に氏名を記入してください。
ボート免許写真
(3) 小型船舶操縦免許証のコピー
(4) 委任状(海事代理士用)  

<該当者のみ>

☆住所、本籍地、名前などに変更がある方  住民票(本籍地の記載、マイナンバー記載なし)
☆免許証を紛失された方 自動車免許証のコピー
住民票(本籍地の記載、マイナンバー記載なし)
紛失顛末書


 

3. 受講料・申請料のお振込

更新講習受講料 10,000円
失効再交付 18,000円

消費税10%内税。免許送料を含む。

マリーナで引き取りの場合は400円引きになります。

講習前日までにご入金ください。

 

4. 講習の受講

当日は、講習開始15分前までに直接講習場所へお越しください。 

<当日ご持参いただくもの> 

  小型船舶操縦免許証

 

<講習内容> 

身体検査 (人数により変わりますがおおむね30分くらい) 

  講習当日、身体検査に合格しないと講習を受講できません。

  ※メガネや補聴器、補装具を使用されている方は、忘れずにご持参ください。

講師による講義(約35分) 

  更新講習:制度の概要・遵守事項・事故例・海事関連の制度・地域におけるルールなど

映像による講習(1本 約20分) 

  事故防止・海上交通ルール・エンジンの取扱い・気象・海象・操縦時の心得など

失効講習の場合は、講師による講義(35分)映像による講習(20分)と理解度チェック(約20分)が 

追加になり、全体で2時間30分位となります。 

 

5. 免許の申請

  海事代理士が運輸局等へ更新申請・再交付申請を行います。

  およそ1週間以内に更新免許証が発行されます。

  郵送を希望された場合は簡易書留で発送致します。

 


■日程、こちら